葉酸サプリのこと

葉酸の摂取量はどのくらい?

投稿日:

「妊娠したんだけど、摂取しておくべき栄養分ってどんなものがあるだろう」

その時に第一に挙げられるのは葉酸。乱れた食生活をしている現代人にはなかなか取りにくい栄養成分です。ではこの葉酸が、どうして妊婦に必要なのでしょうか。そして、どれくらいの摂取量を目指したらいいのでしょうか。

赤ちゃんにも母体にも好影響を与える葉酸

妊娠をする時に大事になってくる葉酸。ビタミンBの一種で、血液を作るビタミンと言われています。女性の体は妊娠をすると、おなかの中の赤ちゃんに栄養分が取られてしまいます。この葉酸は、赤ちゃんに吸収され、成長に使われます。そのため葉酸亜が足りなくなる妊娠初期から授乳中は、意識して葉酸を取る必要が出てきます。

葉酸をたっぷりと取っておかないと、貧血を起こしたり、赤ちゃんの成長に障害が出てしまったりすることがあります。おなかの中の赤ちゃんのことを考えたら、普段から葉酸をしっかり取っておく体成分なのです。

赤ちゃんの成長だけでなく、母体にもいい影響を及ぼすのが葉酸です。マタニティーブルーを防いでくれたり、妊娠中毒症の予防のサポートになってくれたりと、素晴らしい成分です。

妊婦は400μg授乳中は280μg

妊娠中に妊婦がどれくらいの協賛を取るのが望ましいのでしょうか。厚生労働省のデータによると、妊娠中400μgと言われています。授乳期が280μgで、成人の男女は200μgと言われています。

この数字は普段の食生活では足りなくなります。意識的に葉酸の摂取を心がけていないと、この摂取量には遠く及びません。そのため普段から野菜や大豆など、積極的にとっておかなければいけません。

だとしても、旦那が仕事で忙しく、料理なんか作ってくれるわけでもない。妊娠しながら働かなければいけないし、赤ちゃんを育てながら、毎日の生活をしなければいけない。ゆっくり料理もできない。そのような方は、サプリメントを使いましょう。最近では様々なメーカーから葉酸サプリが販売されてます。薬のように水で飲み込むだけで、一日に必要な葉酸を摂取することができます。

意識して様々な方法で葉酸を補給しよう

食事から摂るのが望ましいですが、サプリも併用して、おなかの赤ちゃんをケアしましょう。妊娠初期から授乳中まで、厚生労働省が推奨する大事な成分葉酸。妊婦の方は400μg授乳中の方は280μgを目標にして、頑張って摂取量をクリアしましょう。その際にはサプリメントを併用して丈夫な赤ちゃんを産みましょう。

-葉酸サプリのこと

Copyright© 【まとめ】葉酸サプリについて調べてみた , 2018 All Rights Reserved.