葉酸サプリのこと

葉酸と妊婦の関係とは?

投稿日:

葉酸といえば、妊娠を望んでいらっしゃる方や妊娠中の方なら一度は、耳にしたことのある栄養素ですよね。
葉酸は大切な栄養素で妊娠中には必要なものだと知っていても、妊婦にとってどのような効果があるのでしょうか。
今日は葉酸について、お話したいと思います。

葉酸は妊婦にとって嬉しいことばかり!

葉酸は妊婦しとっては必要不可欠なものです。
葉酸は初期から摂取することは先天的な神経管閉鎖障害のリスクを減らすことが出来ます。神経管閉鎖障害とは無脳症や二分脊椎症といった障害です。
また、中期以降に妊婦に起こりやすい貧血も軽減してくれ、無性に氷が食べたくなる氷食症やじっとしている時に足に違和感を感じるむずむず脚症候群といった症状も緩和してくれます。
リスクを減らすことが出来、自分も辛い貧血も緩和してくれる葉酸、1日はいったいどれくらいの量が必要かご存知でしょうか。
初期の場合1日400μgの摂取を推奨されていますが、食品から摂取しようとすると400μgという数字はとても難しくなります。
葉酸は熱に弱く、水溶性で水に溶けてしまう性質があるため、調理をしてしまうととても少なくなってしまいます。
そのため、摂取にはもちろん多く含む食品に気を配ることも大切ですが、サプリメントなどを使用すると効率よく摂取することが出来ます。
今は薬局などでも、マタニティ用の葉酸や鉄といった必要な栄養素が含まれているサプリメントが多く販売されているので、妊娠中の方は積極的に取りましょう。

いつから?いつまで?摂取すべき?

葉酸は妊娠期間中、常に必要とされる栄養素ですが摂取の理想は妊娠する1ヶ月前からとされています。
ですが計画的に妊娠されている方以外は、妊娠は突然というかたが大部分だと思います。
特に必要とされるのは妊娠初期で、妊娠がわかった時点から摂取するようにしましょう。今では妊娠がわかり病院で確定した時に葉酸の説明をしてくれたり、サンプルをくれたりするので、いかに必要とされているかわかりますね。
しかし妊娠初期を過ぎてしまっていても、葉酸は不必要というわけではありません。
中期であっても貧血を軽減してくれるので、知った時から摂取することを心掛けましょう。
いつまで摂取すべきか、ということですが、妊娠期間中のみならず授乳期間も葉酸は赤ちゃんの栄養となる母乳の出を良くしてくれたり、質の良い母乳になる手助けをしてくれるので、出来るならば卒乳、断乳する時期までは積極的に摂取するのが良いでしょう。

葉酸の多い食品とは?

サプリメントが葉酸を効率的に摂取するには良いですが、食事からも取り入れていきたいですよね。
葉酸は妊娠期間もですが、妊娠していない女性であっても摂取する量は不足気味とされているので葉酸を多く含む食品をよく知り、上手に食事で摂取しましょう。
最もおおいとされているのがレバー(140μg/100g)で、その他には納豆(120μg/100g)やたたみいわし(300μg/100g)といったものがあります。レバーなどは加熱してしまうと葉酸はなくなってしまうので、ペーストなどにすると食べやすく、葉酸も多く摂取することが出来ます。
野菜では青菜類の代表でモロヘイヤ(250μg/100g)やブロッコリー(120μg/100g)、枝豆(250μg/100g)があります。モロヘイヤなどはスープなどにすると溶け出した葉酸も摂取できるので良いですね。

妊娠したい、と思った時から積極的に摂取しましょう。

とても大切な葉酸ですが、妊娠中は悪阻に苦しんだり味覚が変わってしまったりと、女性の体はどんどん変化していくので食事からは中々難しい物があります。
その為にも、妊娠したい、と思った時から習慣付けて摂取すると妊娠がわかった時も焦ったり、心配になったりすることも減らすことが出来ますね。
今ではレモン味などのタブレットや錠剤として販売されているので、自分にとって適した形で上手に取り入れ、素敵なマタニティライフを送りましょう。

-葉酸サプリのこと

Copyright© 【まとめ】葉酸サプリについて調べてみた , 2018 All Rights Reserved.