葉酸サプリのこと

授乳中でも葉酸を摂った方がいい理由

投稿日:

葉酸と言えば、妊娠する前から飲み始め妊娠初期に飲んでいることで、おなかの赤ちゃんが神経管閉鎖障害になるのを防げるということで、妊婦さんが取るべきサプリとして有名な栄養素です。
しかし妊娠初期は続けて飲んでいても、妊娠中期を過ぎると葉酸の摂取をやめてしまったり、妊娠中は継続して葉酸を摂り続けていたけど、出産をした後は葉酸を摂取するのをやめてしまう方が多いのですが、実は葉酸は産後もしっかりと摂りつづけていくことが大切です。特に授乳中のママにとってはとても必要な栄養素となっています。
葉酸は粉ミルクにも配合されており、赤ちゃんの成長に不可欠な栄養素です。葉酸が不足してしまうと赤ちゃんの成長が遅れてしまうことも懸念されます。特に母乳で育っている赤ちゃんはママのおっぱいのみが唯一の葉酸の摂取できる道なので、授乳中のお母さんがしっかり葉酸を摂取すること大切です。授乳中のお母さんが葉酸のサプリを毎日摂取することで、母乳を通してその栄養素を赤ちゃんに運ぶことができるのです。
妊娠中に必要な葉酸の量は一日あたり0.4mg(400マイクログラム)ですが、産後に必要な摂取量は一日あたり0.28mg(280マイクログラム)ですので、産前よりは少し少な目となりますが、理想は0.5mg(500マイクログラム)程度しっかり摂ることです。ちなみに一日の摂取上限は1.0mg(1000マイクログラム)とされています。
また、赤ちゃんの為だけではなく産後の葉酸摂取はママ自身にとっても非常に大切です。葉酸にはホルモンバランスを整える効果があるので、産後のママが悩まされがちな、抜け毛や体のむくみ、産後うつなどの予防に役立てる事が出来ます。特に抜け毛に関しては、葉酸には血行促進や細胞分裂を促す働きがあるので、葉酸を摂ることで抜け毛予防や髪の毛増量の効果を実感できている人が多いので、授乳中は毎日しっかりと摂取することで、産後の体調不良や悩みを解決していくことができるでしょう。
葉酸は、ブロッコリーや納豆、イチゴなどに多く含まれますが、推奨される量を毎日摂取しようとするとかなりの量を食べなければいけません。授乳中で忙しいママには手軽にとれるサプリメントで手軽に摂るのがおすすめです。また妊娠中と同様、授乳中も赤ちゃんに成分が届くことを考えると、信頼できるメーカーから、出来る限り自然な成分から作られているサプリメントを購入するのがおすすめです。

-葉酸サプリのこと

Copyright© 【まとめ】葉酸サプリについて調べてみた , 2018 All Rights Reserved.