葉酸サプリのこと

葉酸はいつから摂取したほうがいいの?

投稿日:

妊娠を希望する女性にとって、一度は耳にしたことがある葉酸という栄養素。母子手帳などにも葉酸の重要性が記述されるようになってきています。1991年のアメリカの研究では葉酸摂取した妊婦の70%が摂取しなかった人にくらべ胎児の神経管閉鎖障害・神経管欠損症(NTD)などの症状が出なかったという報告がなされています。でも具体的にどの時期にどれだけ葉酸を摂取すればいいのかまだ情報が浸透していないようです。今回は妊活中の女性が気になる葉酸の摂取期間についてまとめてみたいと思います。

妊活中なら今すぐ

厚生労働省が推奨していいる葉酸の摂取開始期間は妊娠する1ヶ月前から3ヶ月前とされています。これは妊娠する前の月の最後の月経のあった日から前の期間とされています。もし、妊娠を希望しているのであれば受精卵の生育のためにも今すぐ葉酸を摂取するのが得策といえます。

妊娠中でも間に合う?

妊娠前に葉酸を摂取しておらず、妊娠してしまった場合は最低でも12周目(妊娠3ヶ月)までに葉酸の摂取を開始しましょう。この期間までに胎児は神経系が完成されます。葉酸の効果を発揮するためには胎児の神経系が完成される前から摂取するのが望ましいです。12週を過ぎてしまっても妊娠中の体は葉酸は血液を増やしたり、流産の予防にも効果がありますので継続的に摂取するようにしましょう。

出産後は

ここまでは葉酸が胎児の発育に影響するために必要と説明しましたが。実は葉酸は出産後のお母さんの体の健康を保つためにも必要な栄養素です。赤ちゃんに良質な母乳を提供するためには血液が必要になります。葉酸は造血作用があるため積極的に摂取する必要があります。また、母乳を通じて赤ちゃんに葉酸が補給されることで赤ちゃんも十分な血液を生成できるようになります。葉酸を摂取する際は、赤血球を生成する作用のあるビタミンB12と併用することで相乗効果を期待することができます。

必要な量について

葉酸の摂取量は妊娠前、妊娠中、出産後で変化します。厚生労働省が推奨していいる最大量は妊娠前で400ug(0.4g)、妊娠中は480ug、出産後は340ugです。一日の上限摂取量は1,000ugとされており、それ以上摂取すると嘔吐や蕁麻疹などの副作用が起こることが報告されています。また、葉酸はほうれん草などに多く含まれていますが熱に弱く、茹でるだけでも栄養素が半分以上流れでてしまいます。食品から摂取することが難しい場合はサプリメントなどを使うのがおすすめです。

-葉酸サプリのこと

Copyright© 【まとめ】葉酸サプリについて調べてみた , 2018 All Rights Reserved.